Dietのコツは

アコンプリアの正しい知識

Dietのコツは

Dietのコツは

女性のDietのコツは男性側がもっとpartnerの女性に関心を持ってskinshipをとる事ではないでしょうか?

男性の中にはムキムキの男っぽい引き締まった体型よりいかにも女らしい多少なら下腹部のポッコリおなかが好きな男もいて、私もその1人でポッコリおなかの「ウルビーノのヴィーナス(Venus of Urbino)」が一番好きで妻は今その体形に近づきつつあり、私にとって理想の体形です。

下腹部痩せを実現するためにお腹を引き締める事を目的に腹筋をしようと思っている方は最初から無理をせずに、軽めの腹筋から初めて下さい、とか言われていますけど、まずは妊娠・出産を最優先にしてください。下腹部の皮下脂肪は大切な赤ちゃんを守るProtectorなのですから。

我が妻とは妻が16歳の時に出逢い、17歳で妊娠し、18歳で初産、妻が妊娠中「ココにあなたの赤ちゃんが宿っているのね、嬉しい、私幸せ、もっと触って」とskinshipを求めてきた。女性にとって妊娠・出産は人生最大の事業と言ってよいがまして17歳での妊娠は不安もあったろう。その言葉に余計に愛しくなった小生。

10歳代での出産は代謝が良いせいか2〜3ヶ月で元通りの体形になったが20歳代30歳代、そして40歳直前の最後の出産では体重が戻らなくなってきた、亭主としては出逢った頃のProportionを維持して欲しいのに、出逢った頃のProportionは身長168p、体重49q、bust95pFcup、waist55p、hip88p、leg88p。結婚以来30年、55pだったwaistも62p。子供を出産する度に戻らなくなってきた、とは言うものの妊娠発覚前55pだったものが30年経っても7pしか増えてない。

最初双子の女の子を産んだ事と次々と7人を出産した事が下腹部肥大の最大原因だと思うが、妻は現在46歳、下腹部のDietのコツといっても、毎日毎日前戯として亭主の私が妻の下腹部及び秘部をMassageで刺激し、夜の営みをする事で子宮を締めると共にそうとう腹筋も使わせる事になるというのがaerobicsやwalkingをするよりも最大のDiet方法だと思う。

ある情報に「秘訣は常に下腹部を意識する事」とあるが、下腹部を意識しなくても秘部をpartnerに刺激してもらう事で筋肉を実際の運動のように刺激するEMS(電気的筋肉刺激装置/ElectricalMuscle Stimulation)」よりも内臓から刺激される事で便通も快調になり、腹筋運動で力を入れて苦しむよりも夜の営みは他力本願で全身快感で満たされますし、何よりも互いの愛情が確かめられますから。そしてどうしてもと言う方だけこの「アコンプリア」をお使いください。

脳内オピオイド

最新ニュース

関連カテゴリ

その他のサイト

copyright(C)アコンプリアの正しい知識