ED治療薬の効果

アコンプリアの正しい知識

ED治療薬の効果

ED治療薬の効果

年齢を重ねることによって悩まされる男性の悩みのひとつにED(勃起不全)があります。

勃起不全は主に男性ホルモンの分泌量の低下により起こると言われています。

男性ホルモンは20歳をピークにして下降していきます。
しかし、加齢だけでなく、精神的なストレスや生活習慣の乱れなども影響するため
30代などの若い人でもEDに悩まされる人が増えているそうです。

そんなEDを改善する目的で開発されたのがED治療薬です。
ED治療薬も精力剤の一種です。

精力剤の中でも、最もダイレクトな影響を持つと考えられやすいのがED治療薬です。
ED治療薬といえばバイアグラのインパクトが強いのではないしょうか。

しかし現在ではED治療薬はバイアグラ(ファイザー)の他にも、シアリス(イーライリリー)や
レビトラ(バイエル)などがあります。

精力剤の中におけるED治療薬は別名を勃起薬とも呼ばれます。
その名の通り男性性器に働きかけて勃起をうながし、また長時間に渡って継続させるということが
使命の薬です。

ED治療薬の働きの機序としては、精機能を司る脳神経を刺激することで男性性器に血液を
大量に送り込むことで勃起を実現させ、また勃起中枢にも働きかけます。

さらに勃起に対してはブレーキとなる自律神経の働きをおさえる効果もあり、
ひたすら男性性器の勃起を持続させるために作用を続けるのです。

最新ニュース

関連カテゴリ

その他のサイト

copyright(C)アコンプリアの正しい知識